調べてみた

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【2010-2019】

投稿日:

今回は一括投資とつみたて投資の比較を2010-2019の10年間でやってみようと思う。

ルール及び前回までの結果はこちら

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1972-2019】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1980-2019】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1990-2019】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【2000-2019】

じゃあ始める。

2010年1月に1,000ドル投資し、その後毎月1,000ドルつみたて投資した場合。

最終資産は、260,877ドルになった。

2010年1月に61,000ドル投資し、その後毎月500ドルつみたて投資した場合。

最終資産は、341,251ドルになった。

全部つみたて投資よりもいい。

2010年1月に、121,000ドル一括投資した場合。

最終資産は、421,624ドルになった。

全部一括投資が1番いい。




という訳で、2000-2019の時以外と同様、全部一括投資の勝利となった。

今回は期間が10年間と短いこともあり、つみたて投資と一括投資の違いは比較的少なめだ。

だが、まあ10年でこの差なら結構大きいのではないだろうか。

さて、今回で、1972-2019、1980-2019、1990-2019、2000-2019、2010-2019と、それぞれ2019年までの期間の検証結果が出た。

それで分かったことは、どこからスタートしようが、大抵、一括投資の勝利になるということだ。

それも結構な差を付けて。

そして、唯一、一括投資が負けた2000-2019であっても、それほどつみたて投資に大きな差は付けられなかった。

他の期間で一括投資がつみたて投資に付けた差に比べれば。

と、いうことで、ここまでは一括投資の圧勝である。

だが、まだ結論を出すのは早い。

つみたて投資、ドルコスト平均法は、本当に長期投資に不利なのか。

さらに別期間での検証を進めていく。

次回を、待て。

-調べてみた

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.