調べてみた

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1990-2019】

投稿日:

今回は一括投資とつみたて投資の比較を、1990-2019の30年間でやってみようと思う。

ルール及び前回までの結果はこちら

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1972-2019】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1980-2019】

ではいくよ。

1990年1月に1,000ドル投資し、その後毎月1,000ドルつみたて投資した場合。

最終資産は、2,545,982ドルになった。

1990年1月に181,000ドル投資し、その後毎月500ドルつみたて投資した場合。

最終資産は、4,284,637ドルになった。

うん、今回も、全部つみたて投資に比べるといい。

1990年1月に、361,000ドル一括投資した場合。

最終資産は、6,023,292ドルになった。

全部つみたての2倍以上違い、半分一括半分つみたてと比べても、かなり多い。




1990-2019の期間も、1972-2019、1980-2019の時同様、一括投資の勝利となった。

どの期間でもかなりの差をつけている。

つみたて投資、ドルコスト平均法の敗北は確定したのだろうか。

まだそうと決めつけるのは早い。

なぜなら、1990年から投資を始めると、直近の暴落は、年単位で見ると2000年のドットコムバブルまでないから。

即ち投資直後の暴落を防げたから。

だが、次回はいよいよ、2000-2019の検証をしようと思う。

投資直後にドットコムバブル、そして間もなくリーマンショックが襲ってきた最悪のタイミング。

この期間で、果たしてつみたて投資、ドルコスト平均法は、一括投資に勝利することができるのか。

次回を、待て。

-調べてみた

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.