投資手法

米国、欧州、太平洋どれが最強か調べてみた【1986-2020.5】

投稿日:

今回は、米国、欧州、太平洋の、1986-2020.5までの年平均リターンを比べてみる。

1986年というのは、欧州、太平洋のデータが取れる限界の期間だ。

それ以前は取れない。

また、新興国に関しては1995年からしかデータがないので今回は除外とする。

ルール及び前回までの結果はこちら

米国、欧州、太平洋、新興国、どれが最強か調べてみた【1995-2020.5】

米国、欧州、太平洋、新興国、どれが最強か調べてみた【2000-2009】

米国、欧州、太平洋、新興国、どれが最強か調べてみた【2010-2019】

米国、欧州、太平洋、どれが最強か調べてみた【1990-1999】

米国、欧州、太平洋、新興国どれが最強か調べてみた【2000-2019】

ではいくお。

結果は、以下の通りだ。

1986-2020.5 リターン
米国 10.15%
欧州 8.09%
太平洋 5.22%

うん、非常に順当な結果。

米国が1番良く、次に欧州、ビリは太平洋。

なんの驚きもない。

だが、こういうサプライズのない結果もそれはそれで重要なのだ。

この期間は順当だったんだなと確認できることが収穫だから。

そうやって真実に辿り着く。




分かったような顔をしていると、新たな発見の機会はなく、進歩はない。

さて、今回の結果を見ると、長期では米国株が報われそうである。

ただ、この期間で新興国のデータが取れなかったのは残念である。

結構健闘していたかも知れない。

今回で、一旦地域別のパフォーマンスを比べるのは区切りにしようかと思う。

次回は別のものを比べちゃうぞ。

ではまた。

-投資手法

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.