調べてみた

米国、欧州、太平洋、新興国、どれが最強か調べてみた【2010-2019】

投稿日:

今回は、米国、欧州、太平洋、新興国の、2010-2019の期間の年平均リターンを比べてみようと思う。

ルール及び前回までの結果はこちら

米国、欧州、太平洋、新興国、どれが最強か調べてみた【1995-2020.5】

米国、欧州、太平洋、新興国、どれが最強か調べてみた【2000-2009】

では、早速始めよう。

結果は、以下の通りだ。

2010-2019 リターン
米国 13.30%
欧州 5.44%
太平洋 6.02%
新興国 3.28%

米国がトップである。

ここは順当。

次に来たのが、太平洋。

日本のアベノミクスが好影響を与えたか。

だが、欧州とそれほど変わらないし、米国とは倍以上離されている。

アベノミクスと言っても、この程度だったのだ。

新興国はビリ。




2000-2009がトップだったのと対照的に、今回は報われていない。

だが、米国とかなり異なる動きをしていることから、分散効果はありそうだ。

米国がいい時は新興国が悪く、米国が悪い時は新興国がいいみたいな。

2010年代は、米国の強さが目立った。

基本的には強いよね、米国。

たまに弱くなるんだが。

その時が新興国のターンか。

そう考えると、新興国投資はかなり忍耐を必要とする気がする。

ではまた次回。

-調べてみた

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.