個別株

【MO】アルトリア・グループ、シーゲル銘柄の問題児、俺ならこうする

投稿日:

アルトリア・グループ(MO)、言わずと知れた代表的タバコ株である。

大麻事業にも手を出し、アルコール大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(BUD)の株を大量に保有する側面もある。

つまり、タバコ、大麻、酒である。

この世の掃き溜めのような事業内容。

だが言い換えれば、必要悪を一身に背負う自己犠牲の精神。

ねえな、んなもん。

では、俺がMOを保有していると仮定しよう。

どうするか。

売らない。

ホールドだ。

MOは低迷していることを指摘される声が多くなっているが、それはここ3年弱程の話である。

それより長い目で見れば十分伸びていることから、まだ様子見で構わない。

これは今に始まったことじゃない。

MOはこういう値動きを繰り返しながら、今まで高リターンを叩き出してきた。

基本的にはディフェンシブ株だが、タバコ株特有の急落が下げ相場の時期に重なると普通に下がる。

普通のディフェンシブ株よりは安定感を欠くが、その分期待リターンは高い印象。

今後さらに低迷して見込みがないと判断した場合、他のディフェンシブ株と入れ替える。




次に、ポートフォリオに制約がない場合、MOに投資するかどうかについて。

ディフェンシブ株が欲しい時の候補になる。

攻撃的ディフェンシブ株。

オフェンシブディフェンシブ株。

今、割安だと思う。

今までの歴史ではこういう状態のMOを掴むと報われてきた。

さあ今回はどうだろう。

今回は特別だろうか。

火中の栗か、糞か。

バリュー投資家の、真価が問われる。

俺ならこうする。

当たるも八卦当たらぬも八卦。

-個別株

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.