調べてみた

インデックス投資で本当にFIREできるか調べてみた

投稿日:

今、アーリーリタイアのことをFIREとも言うらしい。

何か言い方をかっこよくしただけで誤魔化されている感はあるが、今回はFIREと呼んでおこう。

それで、米国株投資家なら誰でも一度は抱く疑問、インデックス投資でFIREできるのか、ということを今回は調べていこうと思う。

FIREーーー!!!

いつものようにPORTFOLIO VISUALIZERを使う。

その中の、Monte Carlo Simulation、このモードでやると、どうもそのシミュレーションができるみたいである。

投資先は米国株、つまりVOOやVTIのようなものと思えばいい、それにする。

なんせ不慣れなモードなので、手探り状態である。

なのでいつも以上に解釈が間違っている可能性はあるので、そのつもりで。

なお、このモードは検証なので、検証する度に少し数字が変わっていくようだ。

でもほとんど差はない。

つまり、確率は収束していくということなのだろう。




基本的に初期設定のままでいく。

年数は最長期間の75年。

人生100年と言われているし、年金も当てにならんからOKだろう。

ドルで調べるのだけど、この場合は分かりやすく、1ドル=100円と思っておけばいいだろう。

実際は為替リスクがあるが、それは俺では出せん。

もし売る時に円高で困ったら、全部ドルで買い物しろ。

それで解決である。

まず、1ヶ月1,000ドルずつ売っていく場合。

実際はここから税金を引かれるので、1,000ドルではかなり少ない。

だからまずここから。

この条件だと、初期投資額が210,000ドルあれば、75年後まで生き残れる確率は、52.52%になり、半数を超えてくる。

だが、この程度の確率でFIREしようと思うギャンブラーはいないだろう。

初期投資額が340,000ドルあれば、確率は、80.56%になる。

だがまだ5回に1回破産する。

初期投資額が450,000ドルあれば、確率は、90.43%になる。

初期投資額が1,020,000ドルあれば、確率は、99.09%になる。

1,000,000ドル超え、月1,000ドルしか売らなくてようやくこの確率である。




次に、1ヶ月1,500ドルずつ売る場合。

これだとまあ質素な生活をすれば、割とやっていける額だと思う。

初期投資額が310,000ドルあれば、確率は、50.90%になる。

初期投資額が510,000ドルあれば、確率は、81.19%になる。

初期投資額が700,000ドルあれば、確率は、90.30%になる。

初期投資額が1,500,000ドルあれば、確率は、99.07%になる。

ははは・・・

質素な生活してこれだよ・・・

もうインデックス投資でFIREなんて考えるの止めたら?

最低でも確率90%は欲しいでしょ。

となると、月1,000ドル生活で450,000ドル、月1,500ドル生活なら700,000ドル必要だってさ。

しかも税抜き前だからね、これ(白目)

税金引かれりゃ月1,000ドル、月1,500ドルもないんだよ。

どう、これがインデックス投資の限界だよ。

すでに手元に1,500,000ドル以上あるなら考えてもいいかも知れない。

あればな。

今回の期間は75年を対象にしたから、そういう意味ではシビアかも知れない。

だが、これから、老後の収入なんて当てになるかね?

全て自分で何とかするくらいの気概があった方がいいんじゃない?

少なくとも俺はそう思っている。

そして、インデックス投資のリターンではこのように、FIREするための金額が絶望的に高くなるし、その金額に辿り着くのが困難だから、俺は個別株投資をしているんだ。

ドゥーユーアンダースタン?

あんたはこの結果、どう思うね?

俺はインデックス投資に限界と絶望を感じた。

俺ならこう思う。

当たるも八卦当たらぬも八卦。

-調べてみた

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.