投資手法

良い高配当株、悪い高配当株、俺ならこうする【間違えれば昇天】

投稿日:

高配当株投資の是非についてはよく話題に挙がる。

その内の個別株未経験もしくはそれに近いインデックス投資家の言うことは単なる絵に描いた餅であり、本やネットのコピペに過ぎぬので放っておくとして、個別株投資家である俺の意見を言う。

高配当株には、良い高配当株、悪い高配当株がある。

そして、良い高配当株投資をしたければ、良い高配当株を買わなければいけない。

良い高配当株とは何か。

それは、値上がりする高配当株である。

逆に言えば、悪い高配当株というのは、値上がりしないものを指す。

そもそも、なぜ高配当株が出来上がるのか。

配当をたくさん出すから?

違うね。

普通、ある程度歴史のある株ならどれだって一定水準の配当金は出している。

ならどこで配当利回りに差がつくか。

簡単なことだよ。

値下がりしているからだ。

値下がりしているから高配当株になっているんだよ。




なお、俺の高配当株の定義は、市場平均(VTI)より配当利回りが高いというものだ。

高配当株は値下がりしている。

だからその後反発しそうな株であれば、安値で仕込めておいしいということになるのだ。

高配当の大型株、特に連続増配株なら何でも飛びつくようなスタンスでいると、悪い高配当株を掴んでしまう可能性が高くなる。

つまり、値上がりせずに、場合によってはさらに値下がりして配当利回りが増し、ずっと高配当でいるような株である。

上がらぬ高配当はただの豚だ。

高配当株投資とは、逆張りなのである。

現在の配当利回りが目的なのではなく、将来上がる株を買うためのバリュー投資なのである。

高配当株に期待する役割は、どこかの時点でそれまで下げていた分まで一気に跳ね上がる、といったものである。

跳ね上がり方は無配・低配当株に比べれば大人しいが、株によっては下げ局面に強いというメリットがある。

みんな大好き配当再投資も、どこかで跳ね上がらなければ報われない。

値上がりを前提にして、それまでに安くで仕込んでおきましょうというのが配当再投資の本質である。

そうそう、ひとつ言い忘れた。

良い高配当株の条件。

将来値上がりする以外にもある。

それは、下げ局面に強いということだ。

正直、下げ局面に弱いものは、わざわざ高配当株投資の対象として選ぶ必要はないと思われる。

それなら無配・低配当株でより大きなリターンを狙った方がいいから。

下げ局面に強い、ディフェンシブ高配当株、その中で値上がりするものなら、選ぶ意味がある。

なぜなら下げに強い守備力を持っているし、なおかつ割安で買えて、どこかの時点で跳ね上がって報われるからだ。

守備力と、値上がり。

これが良い高配当株。

悪い高配当株は、それ以外。

配当を再投資する目的は、将来値上がりする株を安く買っておくためだ。

値上がりがなければ、バフェット流も、シーゲル流も、成り立たない。

どうせ買うなら、良い高配当株を。

俺ならこうする。

当たるも八卦当たらぬも八卦。

-投資手法

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.