投資手法

なぜ能面株式投資家は不動産投資をやらないのか、俺ならこう思う

投稿日:

いつものように全力米国株のツイートを見ていたら、興味深いものを発見した。

色んな意見があったようだが、そんなこたあ関係ねえ。

俺は俺の意見を言うぞ。

俺も不動産投資をやっていないし、やったこともない。

だからインデックス投資家が個別株語るレベルの軽いノリで聞けばいい。

実は俺も金持ち父さん貧乏父さん読んで投資に目覚めた初期には不動産投資やろうと思ってたんだけど、その後に知ったインデックス投資の方が楽だからそっちに行っちゃった。

その後個別株に行くんだが。

不動産投資をやるデメリットとして、株式投資家的にはめんどくささが挙げられる。

銀行に金借りたり、建物修繕したり、最低限の人付き合いもあるだろうしね。

管理が楽と言われる駐車場経営はその分利益が小さいみたいだしね。

あと、アメリカに比べると日本は不利。

ピーター・リンチは株する前に家買えってアドバイスしているくらいだけど、あれはアメリカでは中古住宅の価格が上がるから。

つまりキャピタルも狙える。

逆に日本では中古住宅の価格は下がる。

インカムのみが頼りとなる。

日本でも中古住宅の価格が上がる場合はあるみたいだけど、それは上手く立ち回った場合であり、基本的にアメリカよりも不利な条件でやることになる。




不動産投資の最大のメリットってのはレバレッジを掛けられるってことだと思うんだけど、これも銀行に金借りてってのはかなり心理的に抵抗がある。

まあこの辺はやってみたら案外平気かも知れないが。

それで、やり方によっては頭金なし(ナッシングダウン)で、他人が払う家賃のみでローンを返済して自分の懐は痛まない、みたいな一見素晴らしい方法もあるんだけど、頭金なしの条件が、自分の他の所有不動産を抵当に入れて自転車操業したり、その他何らかのリスクを負う必要がある訳で、やっぱりタダで美味い話はないなと。

アメリカよりも日本の方が優良物件にありつける難易度は高そうである。

まあそんな訳で、俺は不動産投資に手を出す気はないと。

ただ、不動産投資って言うのは昔からある投資手法であり、それ自体否定しようとは思わない。

自分には不利だしめんどくさいしでやりたくないってだけ。

結構長い期間儲けている不動産投資家はいるみたいだね。

だから波長が合えば不動産投資はありなんじゃないかな。

でも、そんな不動産投資家達も、大抵は米国株もやってる印象だね。

それも大して儲からないインデックス投資を。

資産分散の意味かも知れないけど、それが不動産投資の答えなのかもね。




それに、今までの暴落時、リーマンショックや東日本大震災の時には優良物件が多くてそのタイミングで買って儲かった、なんて話を聞くけど、今回のコロナショックはちょっと訳が違うかもね。

何と言うか、リモートリモートで都市部、特に東京に住む価値が今まで以上に減りつつあるような気がするんだが。

むしろ今のところコロナで1番やばかったのは1番地価の高い東京でしょ。

1番高い金払って1番危険って割に合わんよね。

飲食店が家賃払えんって嘆いてるけどさ、家賃払ってもらえんオーナーも泣きたいよな。

しかも家賃払えん飲食店が出て行っても同じ条件では次の店多分入ってこんだろ。

不動産投資をやったことない、株式投資家の視点でしか語れないけど、不動産投資家はかなりやべえことになりそうな気がする。

だからこそ真に優れた不動産投資家は割安になった優良物件を買い漁るのかな。

それが優良物件か糞物件かは、株同様、後になってみないと分からんがな。

不動産投資家に幸あれ。

俺はやらんけど。

俺ならこう思う。

当たるも八卦当たらぬも八卦。

-投資手法

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.