人生

iPhone SE2に機種変更してみた、俺ならこう思う

更新日:

俺はつい先日、iPhoneの機種変更をした。

iPhone6s PlusからiPhone SE2に変えたのだ。

変えた理由としては、まず手持ちのiPhone6s Plusが古くなったことが挙げられる。

ただ古くなっただけならいいのだが、古くなって、充電の線の差込口の接触が悪くなって、充電してても途中で充電が止まってしまうことが多々あったのだ。

微妙な接触具合を調節しながら充電していた。

そして、バッテリーが鬼のように早くなくなるようになった。

モバイルバッテリーという携帯型の充電器が手放せなくなったのだ。

さらに、最新iOSにも今秋にはアップデートできなくなる見込みとなった。

最新iOSに更新できないとセキュリティ上問題があり、セキュリティに問題のあるiPhoneなどただのゴミである。

という訳で、今秋新しいiPhoneが出るはずだからそれを待って買おうとしていた。

ところが、最近出たiPhone SE2が実は画面サイズが4.7インチと、iPhone8と同サイズであることを知った。

俺はてっきりiPhoneSE1と同じ4インチだと思っていて、それだとゲームするにはちょっとなあと思っていた。

だが4.7インチでiPhone8と一緒ならイケるんじゃね?と思い、iPhone6s Plusもかなり限界に来ていたので購入するに至ったのである。

ネットのアップルストアで黒の64GB、つまり1番小さい容量のやつを選んだ。

赤色を選ぶと一部寄付されるみたいなのだが、目が疲れそうなのでやめた。

下取りはたかが知れているのでやめておいた。

お値段税込49,280円也。

安くはないがiPhoneとしては上出来なコスパと言えるだろう。

アマゾンで1,000円くらいの手帳型の黒のケースも買った。

案の定ケースが先に来た。

iPhone SE2が届くと、データの引き継ぎをした。

何と今はかざすだけでできるのだ、すげえ。

ちょちょいとデータ引き継ぎを終わらすと、格安simの設定もやった。

それでもう不要なiPhone6s Plusは初期化した。




iPhone6s Plusの5.5インチからiPhone SE2の4.7インチへと画面はサイズダウンしたのだが、まあ許容範囲であった。

5.5インチは持ち運びにはでけえ。

SE2の程良い大きさは中々良い。

フェイスIDには対応してなくて指紋だが問題ねえ。

もともとそうだし。

ただ風呂上りとか認識せんけど。

色、黒は初めて選んだんだけど、これはあんまりよくないかも。

やっぱね、側の汚れが目立つんだわ。

指紋とかの。

白が無難だと思う。

という訳で、iPhone SE2、俺はいいと思う。

SEは廉価モデルだと思うんだけど、俺みたいな奴にはぴったりだ。

セキュリティ的にはiPhoneがいいけど、そんなに機能はいらんみたいな。

どうだろう、俺がガジェット特集をするとちっとも商売気がないだろ。

だからむしろ信用できると言うか。

質実剛健♂なiPhone、それがSE2だ。

もし手持ちのiPhoneが古くなっているならば、一考の価値はありそうだ。




ちなみに、SE2はワイヤレス充電つまり乗せるだけ充電に対応している。

これからまた充電差し込み口が逝った場合、ワイヤレス充電器を買えばOKである。

無料ではない。

周りの音が気になればノイズキャンセリング機能の付いたAirPodsを買えばいい。

無料ではない。

無料ではなく、むしろ結構いい値段がするのだが、拡張性があり、アップル製品同士の相性は抜群に良く、便利である。

快適さを求めるならアップル一択、と言っても過言でないくらいに。

アップル信者になる気持ちが分かる。

一度ハマると抜け出せない沼。

もし俺が未体験のMacに手を出せば、これからの人生Macなしでは生きられなくなるだろう。

知らない今はビッグマックだけで十分である。

アップル製品以外を選ぶということは、安さと引き換えに不便さを受け入れるということだ。

人間、一度便利さを味わうと、不便に戻るのは受け入れがたいものである。

アップル、つええ。

便利さと引き換えに金をむしり取る。

とにかく、iPhone SE2は、結構いい感じである。

俺ならこう思う。

当たるも八卦当たらぬも八卦。

-人生

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.