個別株

【GS】ゴールドマン・サックス、バフェットに鬼売り喰らう、俺ならこうする

投稿日:

ゴールドマン・サックス(GS)が、バフェットの鬼売り被害に遭っていたようである。

アイスを食べる姿がとってもチャーミングな鬼売り爺さん。

バフェット銘柄はこれがあるから怖い。

単にバークシャー・ハサウェイ(BRK.B)が保有している分を売るにとどまらず、あのバフェットが売ったということで市場に衝撃が走り、狼狽売りが多発する。

正に地獄絵図である。

つい最近、デルタ航空(DAL)でも同じことをやらかしたばかりだと言うのに。

【DAL】デルタ航空、バフェットが見捨てて爆下げに追い打ち、俺ならこうする

バリュー爺さん、ご乱心。

俺にはバフェットが賢人ではなく、赤鬼に見える。

おっそろしいやっちゃで。

こういうことがあるのでバフェット銘柄はむしろデメリットだと思う。

ちなみにGSと聞いてガソリンスタンド、もしくは中学生の餓鬼が考えそうなことが思い浮かんだとしても、胸にしまっておくのが大人のマナーだ。

さて、俺がGSを持っていると仮定しよう。

どうするか。

売る。

秒速でぶん投げる。

リスクに対するリターンが見合っていない。

GSは高ボラティリティなので、高ボラティリティ株と入れ替える。



次に、投資資金があって、ポートフォリオに制約がない場合、GSに新規投資もしくは追加投資するかについて。

しない。

ハイリスクローリターンと見た。

もっと報われそうな高ボラティリティ株を買う。

俺は銀行株が大嫌いなのだが、バフェットは銀行株を好む。

そんなのバフェットの勝手でしょと言われればそれまでであるが。

だが、もし今回のことがきっかけで、バフェットも銀行株に愛想を尽かしたとしたら。

考えただけでも恐ろしい((((;゚Д゚))))

コロナショックの次はバフェットショックか。

俺ならこうする。

当たるも八卦当たらぬも八卦。

-個別株

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.