個別株

【KO】コカ・コーラ、割高感は減りつつあるが、俺ならこうする

更新日:

コカ・コーラ(KO)、最近はぱっとしないパフォーマンスが続き、そのおかげで以前ほど割高感を感じなくなった。

では、俺がKOを持っていると仮定しよう。

どうするか。

売らない。

ホールドだ。

ディフェンシブ株として機能している。

低迷した場合、ディフェンシブ株と入れ替える。




次に、投資資金があって、ポートフォリオに制約がない場合、KOに新規投資もしくは追加投資するかについて。

しない。

悪くはないが、もっといいディフェンシブ株はある。

割高感もなくなりつつあるとは言え、まだ安いとまでは言えない。

ウォーレン・バフェットがKOで儲けたのは、暴落時に買ったからに他ならない。

人気のKOを買っても意味はないのだ。

KOはディフェンシブ株の中でも特に人気があって、割高な状態であることが多い。

ただ、10年単位で見ると、買い時というのがある。

それはKOに限った話じゃないが。

特にそういう時を狙っていくべき銘柄だと思う。

割高で買えば、高額契約の割に打たずにすぐ帰国してしまうプロ野球の助っ人みたいになりかねない。

買いのタイミングに気を付けるべき株。

何となく、ペプシコ(PEP)に負けそうだなあと思う。

俺ならこうする。

当たるも八卦当たらぬも八卦。

-個別株

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.