調べてみた

米国株オールスターズ、1990年1月から2009年12月末までのランキングを調べてみた

更新日:

あの米国株オールスターズが地下闘技場に帰ってきたあ!!

はい、ということで、また米国株オールスターズのランキングを調べてみようと思う。

今回は、前回とラインナップは変えずに、期間を変えてみる。

前回は1990年1月から2020年4月末までの期間で調べたが、今回は1990年1月から2009年12月末までの間で調べる。

なぜそうするかというと、時期によって好調不調なセクターというものがある。

だから2020年4月末の時点では良くても、10年前には糞だった可能性もある。

そう、万物は流転するのだ。




2009年12月末といえば今から10年半くらい前、リーマンショックからしばらく経った頃である。

1990年から1月からだと2009年12月末はちょうど20年と区切りがいい。

だから今回はこの期間で検証してみる。

果たしてどんな結果が出るのか。

お前ら見たいか!!

(うおー!見たい!!)

オーライ、じゃあ早速始めようじゃないか。

なお、条件は前回同様とする。

結果は、以下の通りだ。

1990-2009
名前 リターン セクター
1 マイクロソフト(MSFT) 22.88% ハイテク
2 アムジェン(AMGN) 22.23% ヘルスケア
3 オラクル(ORCL) 20.67% ハイテク
4 ダナハー(DHR) 20.35% ヘルスケア
5 アドビ・システムズ(ADBE) 18.72% ハイテク
6 アップル(AAPL) 17.60% ハイテク
7 メドトロニック(MDT) 17.47% ヘルスケア
8 ナイキ(NKE) 16.85% 一般消費財
9 インテル(INTC) 16.71% ハイテク
10 ホーム・デポ(HD) 15.97% 一般消費財
11 アルトリア・グループ(MO) 14.88% 生活必需品
12 レイセオン・テクノロジーズ(RTX) 14.74% 工業
13 コルゲート・パルモリーブ(CL) 14.68% 生活必需品
14 ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA) 14.64% 生活必需品
15 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI) 13.99% 生活必需品
16 ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ) 13.57% ヘルスケア
17 キャタピラー(CAT) 13.36% 工業
18 ターゲット(TGT) 13.19% 一般消費財
19 バークシャー・ハサウェイ(BRK.A) 12.96% 金融
20 ステート・ストリート(STT) 12.91% 金融
21 ウォルマート(WMT) 12.91% 生活必需品
22 サザン(SO) 12.81% 公共
23 アボット・ラボラトリーズ(ABT) 12.52% ヘルスケア
24 プロクター・アンド・ギャンブル(PG) 12.47% 生活必需品
25 ファイザー(PFE) 12.41% ヘルスケア
26 ロッキード・マーチン(LMT) 12.30% 工業
27 エクソン・モービル(XOM) 12.21% エネルギー
28 マクドナルド(MCD) 11.91% 一般消費財
29 シェブロン(CVX) 11.76% エネルギー
30 ペプシコ(PEP) 11.40% 生活必需品
31 ユニリーバ(UL) 11.40% 生活必需品
32 JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(JPM) 11.38% 金融
33 コカ・コーラ(KO) 11.28% 生活必需品
34 ゼネラル・ミルズ(GIS) 11.12% 生活必需品
35 IBM(IBM) 10.86% ハイテク
36 マグロウヒル・カンパニーズ(SPGI) 10.78% 金融
37 ユニオン・パシフィック(UNP) 10.64% 工業
38 スリーエム(MMM) 10.49% 工業
39 ロイヤル・ダッチ・シェル(RDS-B) 10.38% エネルギー
40 ネクステラ・エナジー(NEE) 10.34% 公共
41 ハネウェルインターナショナル(HON) 10.32% 工業
42 アメリカン・エキスプレス(AXP) 9.87% 金融
43 バリック・ゴールド(GOLD) 9.27% 素材
44 クローガー(KR) 9.23% 生活必需品
45 コストコ・ホールセール(COST) 8.83% 生活必需品
46 メルク(MRK) 8.68% ヘルスケア
47 ゼネラル・エレクトリック(GE) 8.15% 工業
48 S&P500 8.10%
49 ウォルト・ディズニー(DIS) 7.38% 通信
50 ブリストルマイヤーズ・スクイブ(BMY) 7.15% ヘルスケア
51 ボーイング(BA) 7.12% 工業
52 トヨタ自動車(TM) 6.08% 一般消費財
53 ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ) 5.49% 通信
54 デュポン(DD) 4.91% 素材
55 AMD(AMD) 4.60% ハイテク
56 AT&T(T) 3.37% 通信
57 ニューモント(NEM) 2.05% 素材
58 ソニー(SNE) 1.36% 一般消費財

なん・・・だと・・・

マイクロソフト(MSFT)が前回に続き1位で、二冠達成じゃないか。

まじか、これは意外な結果だった。

そして、他の顔ぶれを見ると、これまたあんまり前回と変わってないな。

強いて言えばエクソン・モービル(XOM)やシェブロン(CVX)、ロイヤル・ダッチ・シェル(RDS-B)といったエネルギー株がマシになっているというくらいか。

だがこの頃だともっとエネルギーセクターは上位なんじゃないかと思っていたから、これまた意外である。

そして、ソニー(SNE)・・・

何も言うまい(´;ω;`)

このデータは、10年くらいでは優位性は揺らがないという事実を示しているのであろうか。

何にせよ、俺のMSFTを見る目が変わった。

検証する度に新たな発見がある。

いやぁ、米国株って本当にいいもんですね。

それでは、次回を、お楽しみください、さよなら、さよなら、さよなら。

-調べてみた

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.