個別株

【BUD】アンハイザー・ブッシュ・インベブ、堕ちたビール王者、俺ならこうする

更新日:

アンハイザー・ブッシュ・インベブ(BUD)の名を最近あまり聞かなくなった。
減配をきっかけに落ちていった気がする。
その後1回反発したが今はまた落ちている状態だな。
落ちる前はディアジオ(DEO)より時価総額がでかい、世界一のアルコール会社だったと思う。
今でも世界一のビール会社ではあるはずだ。

では、俺がBUDを今持っていると仮定しよう。
どうするか。
売る。
銘柄入れ替えだ。
BUDをディフェンシブ株として捉えるには、今はボラティリティがでか過ぎる。
だから駄目。
そしてボラティリティがでかいのを承知で高リターン狙いに行くのもありだと思うが、それなら他にもっといい銘柄がたくさんありそうだ。




次に、投資資金があり、ポートフォリオの制約がない状態で、BUDに新規投資もしくは追加投資するかについて。
しない。
さっきも言った通り、ディフェンシブ株の役割を期待できないし、高リターン狙いでわざわざ選ぶ株じゃないと思うから。
ただ、今割安な感じはする。
反発もするんじゃないかと思う。
でも俺がBUDに求めるのはディフェンシブ性である。
だからいらない。

将来的にDEOを超えて世界一のアルコール株どころか、世界一の生活必需品株の時価総額になる素質はあると考えている。
そして、そうなるにつれてボラティリティが収まりディフェンシブ株として機能していくとしたら、購入候補銘柄になると思う。
今は俺にとっては買いじゃない。

生活必需品セクターでボラティリティがでかい株を求めている奴にはいいかも知れない。
俺は現時点ではいらない。

俺ならこうする。

当たるも八卦当たらぬも八卦。

-個別株

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.