個別株

【AXP】アメリカン・エキスプレス、逆神に愛されし株、俺ならこうする

更新日:

アメリカン・エキスプレス(AXP)は、ここ1ヶ月ほど調子がいいようだ。
最近ではビザ(V)やマスターカード(MA)に押されて影が薄い印象だが、確かバフェット銘柄だったはず。
最近はバフェット銘柄=デンジャラスなイメージもあるが。

さて、俺がAXPを持っていると仮定しよう。
どうするか。

売る。
銘柄入れ替えだ。

AXPは景気敏感株だ。
ボラティリティがでかい割にはリターンが弱いと感じる。
他のもっとリターンが望めそうな景気敏感株に入れ替える。




次に、投資資金があって、ポートフォリオに制約がなくて、AXPに新規投資もしくは追加投資するかについて。

しない。
リスクの割にリターンが報われないと思うからだ。

他の景気敏感株にする。

ただ、今少し割安かなとは思う。
少しだけ。

ところで、AXPは最近、さらに不安要素を抱えることになった。
逆神がAXPを買ったらしいのだ。
こいつは米国株投資家界隈では逆神として知られている。
過去に、保有していたアップル(AAPL)、アルファベット(GOOG)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)といった株を自分のブログで称賛した後に、見事ぶん投げるというブーメラン芸を披露してしまった。
ビザ(V)は利益が乗っているらしいがなあに、生存者バイアスだ。
Vの足元には数々の屍が転がっていることだろう。

ゼネラル・エレクトリック(GE)然り、逆神に愛された株は転落の一途を辿る。
当たり前だ、だから逆神なのだ。
逆神の前にはファンダメンタルもテクニカルも通用しない。
ただ諦めて少しでも被害が抑えられるのを祈るのみである。

というわけで、AXPにリスクに見合うリターンは期待できないと思うし、それよりも逆神に愛された時点でアウツである。

俺ならこうする。

当たるも八卦当たらぬも八卦。

-個別株

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.