個別株

【MO、PM、BTI】タバコ株絶賛爆下げ中、俺ならこうする

更新日:

タバコ株はここ数年、爆下げを続けている。
アルトリア・グループ(MO)、フィリップ・モリス・インターナショナル(PM)、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)である。
最近では糞株との見方も強まりつつあるこれらの株、俺はどう考えているか。
俺がタバコ株を持っていると仮定して話を進めよう。

まずこの3つのタバコ株の俺の評価。
順位を付けていくなら、
1位MO
2位BTI
3位PM
である。

これは俺の考える期待リターンの高さそのままの順位である。
タバコ株を持つならMOが1番有利と考える。
タバコ株はどれも独自のボラティリティがある。
ならばタバコ株間のボラティリティを比べるより単純に期待リターンを比べた方がいい。
MOは米国のみで1番デンジャラスであるが、だから期待リターンが高い。
よって1位である。
PMは規制の厳しい米国を含んでいないからリスクが減ってリターンも減る。
だから3位である。
なので持つと仮定するならMOである。




俺が今MOを持っている場合。
売らない。
ホールドだ。
ただ、永久にと言うつもりはない。
まだ生活必需品セクターとしてのMOは魅力的なんだ。

俺はタバコ株を独自のボラティリティがあると認めつつも、ディフェンシブ株と捉えている。
基本的に不況に強く好況に弱い。
だからMOより魅力的かつ割安なディフェンシブ株、と言うより生活必需品株があれば入れ替えようと思うだろう。

ところが今その条件に該当する生活必需品株は俺にとって見当たらない。
だからホールドである。
しかし、これからさらにMOがズルズルと低迷していくようなら、それをホールドし続けるよりも、それほど割安でなくても他の生活必需品株に変えた方がいい、損益分岐点みたいなのが出てくるから、そこに到達したら入れ替えることになると思う。

入れ替え候補としては同じ生活必需品セクターの、ネスレ(NSRGY)、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)、ウォルマート(WMT)、コストコ・ホールセール(COST)、コカ・コーラ(KO)、ペプシコ(PEP)、ディアジオ(DEO)あたりから。
多いな。
この中から比較的割安かつ魅力的な銘柄を選ぶ。
MOからBTIとかPMに入れ替えはあり得ない。

さて、次に投資資金があったらMOに新規投資もしくは追加投資するかについて。
これは結構難しい。
まだ持ってないならMOは避けるかも知れない。
MOと言うより現時点の生活必需品セクターを避ける感じか。
ポートフォリオの制約がなければ今ならベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)あたりを買うかな。
すでに持っているなら追加投資すると思う。
なぜならまだ損益分岐点に達していないから。

俺ならこうする。

当たるも八卦当たらぬも八卦。

-個別株

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.