人生

良い投資は退屈ならば何で楽しむか、俺ならこうする

更新日:

かのジョージ・ソロスは、良い投資は退屈であると言ったそうである。
なるほど、確かに当てはまる。
俺がやっている投資と言えば、割安と思われる銘柄に投資して、後はよりベターな銘柄が見つかるまでは売らずに持ち続けるだけ。
銘柄入れ替えはあっても損切りと言う概念はない。
そしてよりベターな銘柄との入れ替え条件も、結構厳しくしてある。
だからそう簡単には入れ替える機会がない。
なので毎日ほとんど投資に関してやることなんぞ何もない。
しかも米国株である。
夜中しか開いてない。
普通寝ている。
日中は先物の様子でも見ているくらいである。
銘柄入れ替えのチェックも月1回もやれば十分。

さてどうしよう。
とっても暇じゃないか。

この暇を解消する方法として、まず日中にトレードすることが挙げられる。
日本株、不動産、FX・・・
何でもええ。
楽しくはあるかも知れない。
だが、米国株の今のスタイルより儲かるとは思えない。
効率が悪いのならあんまりやりたくない。




性格的なものもある。
例えば日本株で日中楽しいトレードをしようと思うと、短期トレードになる。
短期トレードで逆張りするくらいなら長期保有にしたい。
逆張りは長期投資が儲かると俺は思っていて、長期投資で有利なのは米国株だと思っている。
逆張り却下。
順張りは、性格的に向いてない気がする。
普通順張りは、勝率が低い。
5割以下とか。
少ない勝率で利益が伸びるやつを伸びるだけ伸ばしててっぺんからある程度下がるか停滞し始めたら売る。
そんなイメージだと思う。
これが実に性に合わない。
ある程度すでに伸びているやつを買うわけだが、その時点でいつ落ちるかなと考えてしまう。
素早く売らなあかんと思うと落ち着かない。
負けが続くと嫌になってくる。

その点逆張りは楽だ。
張り方を間違えなければ待っとけば上がる。
売りを基本考えなくていいから楽。
落ち着いてやれる。
だがだからこそ暇。
性格的に順張り却下。

さて、結局俺の場合、米国株投資が最も効率的なようだ。
わざわざ損するために日中トレードしたくない。
だから投資で楽しむのは却下。

じゃあどうする。
投資以外のことをする。




まず金儲け系。
すでにある程度運用資産がある状態なので、はした金に必死になるのは嫌だ。
特に金儲けでは人と関わるのも極力避けたい。
するとブログとかYouTube。
駄目だ、はした金にしかならん。
他の副業系もだるい。
金儲け却下。

じゃあ筋トレ。
うん、これはやってる。
間違いない。
無理しない程度に続けるといい。
でも筋トレだけではまだ暇だ。

あとそうだね、ゲーム。
これはあり。
スマホゲー無課金とか。
てかやってる。
でも無課金でやると確実に待たされる。
ならゲーミングPC的なオンラインゲーム。
結構興味がある。
ただゲーミングPCたっけえよな。
15万とか。
その金あったら株買うわって発想になりがち。
保留。

読書。
あり。
漫画含めて。
ただし読み放題は駄目。
本は定価で買って初めて読む気になる。
本は読みたい時とそうじゃない時の波が激しい。
候補。

オーディオブック。
ドライブ中ならいいけど、部屋だと寝落ちする。
作品も限られる。
却下。

ブログ、ツイッター。
金儲けなくていいんなら、いいわね。
金かからんし。
候補。

動画。
そりゃあ見るわね、YouTubeとかアマゾンプライムとか。
アニメの尺くらいがいい。
ただ長期シリーズは途中で苦行になる可能性が高いので慎重に。
候補。

外出。
コロナで自粛。
というかもともと自粛気味。
却下。

というわけで、投資が暇なら、筋トレ、ゲーム、読書、ブログ、ツイッター、動画、そのあたりを楽しめばいいじゃないということになった。
でもね、本当はね、金儲けじゃない、実利じゃない、そういう楽しみ方をしようとするならば、効率的と真逆なことをしなくてはならない。
つまり無駄なことをするってこと。
趣味とは無駄の追求である。
んでな、普段効率性の追求ばっかりしてる投資家脳、金儲け脳だと、無駄なことするのってすげえ難しいの。
だから安易に趣味にまでコスパを求めてしまうんだ。
そうじゃない、楽しさというのは脳汁の放出であり、魂の解放だろ。
だからどうしたら楽しくなるかなんて考えちゃいけない。
ただ心の赴くままに、さ。

というわけで、どうしたら楽しくなれるか考えたこの記事は、何の意味もなさない。

-人生

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.