個別株

【AMZN】アマゾン・ドット・コム、また決算でコケて爆下げ、俺ならこうする

更新日:

アマゾン・ドット・コム(AMZN)がまた急落した。
前日比-7.60%の爆下げである。
決算でまたコケたのが原因らしい。
また決算でコケて、また爆下げした。
毎度おなじみの光景である。
むしろこんなに決算内容が株価に反映されるのは見ていてきよきよしい。
そして、敢えてアマゾン・ドット・コムと正式名称で呼んでみると、ドットコムバブルの生き残りが強調されているようできよきよしい。
ドットコムの響きに懐かしさを感じる。

さて、そんなAMZN。
もし今俺が持っていたと仮定して、話を進めよう。
実際のポートフォリオは秘♥密である。

今AMZNを持っていたとしたら、俺は売らない。
ホールドだ。
と言うのも、入れ替える候補があんまりないから。

強いて言えば米国株では、マイクロソフト(MSFT)やアップル(AAPL)あたりが近いかな。
ただ、AMZNにはハイテクだけでなく一般消費財の側面もある。
そういう意味で近いのは中国株のアリババ(BABA)。
ただ、BABAは不安定な中国株でしかも上場からまだ間もない若過ぎる企業だ。
だからAMZNの役割を期待できる株と言うのは、どこにもないと思う。




次に、投資資金がある状態で、AMZNに新規投資あるいは追加投資するかについて。

俺なら、今の時点で、買いの候補に入る。

AMZNが割安かどうかについて、判断できる人間は恐らく世界にひとりもいない。
AMZNに関しては、買いの判断は割安か否かではなく、どれだけ強いかだと考えている。
俺は、現時点でAMZNより強い企業は世界にないと思う。
大抵の業界ではAMZNの脅威にさらされている。
俺には時価総額世界一になっているAMZNの姿が想像できる。
逆にならない方が想像しづらい。

AMZNの力は世界一チイイイイ!!である限り、買い。
ジェフ・ベゾスが世界一の大金持ちである限り、買い。
それが俺の判断。

ただし、他の景気敏感株で割安なものがあれば、それを優先して買うと思う。
他に特に割安なものもなくてポートフォリオに制約もなけりゃ、AMZN買うかな、俺なら。
AMZNに関しては買いのタイミングをあんまり気にしない。

俺ならこうする。

当たるも八卦当たらぬも八卦。

-個別株

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.