仕事が終わる体感速度を上げるには

俺は仕事が嫌いだ。
だから仕事を早く終えたい。
だが、いくら早く終えたいといっても、決まった時間までは最低限働かなくてはいけない。
ならば、どうやったら早く仕事が終わるように感じるかを考えなければいけない。

俺の答えはシンプルだ。
仕事に集中すること。
この方が確実に早く終わる。

下手にサボろうとしたり、手を抜いたりしようとすると、却って時間の経過が遅く感じられるんだ。
いくらサボっても、なかなか時間が経たないんじゃ嫌だよな。


全力でやるとバテるから、ペースは考えた方がいいがな。
そうやってそれなりに打ち込んでいると、あっという間に夕方だ。
少なくとも俺はな。

そもそも仕事って、行くまでがかなり嫌なんだよな。
めんどくさいし何か嫌な予感がする。
でも行くと大抵はそんなにいいことも悪いことも起こらずに終わる。
たまに糞みたいな思いもするがな。

誰かがいってたな、仕事は行ったら半分終わるって。
その通りだと思う。

つまらん仕事を楽しもうなんて、崇高かつ意識高い考えは持っちゃいない。
ただ、つまらん仕事でも、集中した方が体感的にも早く終わるから、その方がベターって話だな。
早く終われば、そこからは明日までのフリータイムだ。
いいんじゃねぇの。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ