コングロマリットという、胡散臭さ

コングロマリットとは、多種類の事業を営む大企業、複合企業のことだが、俺はこれにどうも胡散臭さを感じて好きになれない。
胡散臭いというより、理解できないという表現が正しいかも知れない。

今回もある銘柄をディスろうと思っているのだが、予想はついたか。

実は、最近、日本一のインデックス投資ブロガーが、ツイッターにてある1つの銘柄を買いと推奨してきたのだ。
それがこれだ。

俺はカリスマの意見を一言たりとも逃すまいと、急いでツイートをコピーした。
しかし、今回のカリスマの発言は、俺には高度過ぎたようだ。
なぜなら、コングロマリットという領域に踏み込んでいたからだ。

ジョンソンエンドジョンソンもヘルスケア界のコングロマリットといえるのだろう。
ただ、こちらに関しては、俺も保有しているように、どんなことをやっているかは大体分かるのだ。
簡単にいえば、製薬、医療機器、家庭用品だ。
分かりやすい。


問題はこいつだよ。
スリーエム。
俺は付箋以外、こいつのことを知らない。

俺は以前もっとシーゲルに傾倒していた時には、配当王であるこいつに興味をもって、調べてみようと思ったんだけど、コングロマリット過ぎて途中で嫌になった。
絶対理解できないと思ったね。
それに、どっちかといえば、景気敏感株なんだよ。

そんなわけの分からん奴が急落した時に、耐えられるか。
俺は無理だ。
ジョンソンエンドジョンソンなら耐えられる。
分かるから。
スリーエムは無理。
分からないから。

30年以上の長期リターンでは市場平均超えてはいるんだがね。
そこはいい奴なんだが。
どうせ工業セクターから買うなら、俺はボーイングにするね。
スリーエムより同期間でのパフォーマンスもいいし、事業内容も分かりやすい。

それに俺、特に工業セクターのコングロマリットと聞くと、嫌な予感がするんだ。
GEの例があるからな。
分からないものには投資しないと、強く思ったものだ。

カリスマ投資家がどんな基準でスリーエムを推奨したかは分からない。
カリスマなら、事業内容をすべて把握できるかも知れない。

でも、きりちゃんは馬鹿だから、分かんないの。
残念なの~。
でも、日本一のインデックス投資ブロガー、つみたて次郎なら、きりちゃんみたいな馬鹿な女の子にも分かりやすく、スリーエムの事業内容を教えてくれるよね。
きりちゃんも理解できれば、スリーエムを買っても、狼狽売りの心配もないね。
まさかカリスマ次郎、スリーエムの事業内容も知らずにドヤったんじゃないよね。
ならきりちゃんにも分かるように教えてね、お、ね、が、い~☆

↓霧末信者は、押せ。バフェット太郎信者とチョコ信者は、押すな。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ