IBMホルダーよ、マイクロソフトに乗り換えて楽になったらどうだい

長期投資においても結果を残せていないIBM。
そのIBMを保有するほとんどはシーゲル派だろう。
確かにハイテクセクターの中では、最も高配当だろうし、ボラティリティも低い。

そしてなぜハイテクセクターから選ぶかというと、景気回復局面に強いのはハイテクと金融セクターで、セクター分散投資の観点から、そのどちらかのセクターを少しは保有しておきたいと考えているんだ。

そして、いまいち金融セクターの銘柄は親しみがないから、シーゲル的なIBMを選ぶんだ。

だが、本当にIBMはシーゲル的なのだろうか。

そもそもシーゲルは、著書でエクソンモービルとIBMを比較した上で、成長の罠に陥っていたからエクソンモービルにトータルリターンで負けたと、IBMをディスっている。

そして、マイクロソフトはIPOの成功例として挙げており、配当を出すようになったことを褒めている。

あれ、シーゲルって、IBMよりもマイクロソフトが好きなんじゃないの。


そもそもさ、シーゲルランキングに挙げられている高配当成熟銘柄って、1957年からのトータルリターンをシーゲルが調べたわけだけど、1957年当初から高配当成熟銘柄だったものなんてあるのかな。
おそらくほとんどないよな。
当初は無配や低配当のグロース株が、徐々に高配当成熟銘柄に変わっていったんじゃないのかな。
要は、生き残って成長が鈍化していけば、自然と高配当銘柄になっていくってこと。
だから、俺は現時点で高配当かどうかにこだわる必要はなくて、単に生き残る可能性の高いものを買えばいいと思うんだな。
あと、高配当銘柄になっていくことでトータルリターンがイマイチになっていく銘柄に関しては、高配当にこだわらずに他の銘柄に乗り換えた方がいいと思う。

これってIBMのことさ。
IBMが昔、素晴らしい銘柄であったことは間違いないだろう。
だが今は配当だけで成長が見られないから、トータルリターンで見劣りしてしまう。

正直さ、人がIBM買おうが買うまいがどうでもいいんだけど、俺ならIBMは買わないし、持ってたら他に乗り換えるね。
確かに金融セクターは分かりにくいからハイテクセクターから選ぶとして、その候補は、アップル、マイクロソフト、ビザってとこだ。
その内マイクロソフトは、値上がりしているとはいえ、市場平均並みの配当利回りもあるし、シーゲル派にもいいと思うけどね。
シーゲルランキングの銘柄すべてが高配当ってわけでもないし。

ほれほれ、IBMホルダーよ、マイクロソフトに乗り換えたくなっただろう。
なぜ意地を張る。
もっと自分に素直になれ。

高配当だけでは市場平均に勝つのは難しいな。
何回か爆上げしないと。
ワトソン君に掛けてみるのかい。

シーゲルは、成長が期待を上回るといいリターンを生み出すと言っているけど、IBMは低い期待のさらに下をいく成長を見せてくれるからな。
イジリやすい銘柄だ。
買いたくはないけど大好きな銘柄なんだ。

↓霧末信者は、押せ。バフェット太郎信者は、押すな。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ