俺を魔界に引きずり込んだ、バフェット太郎ブログ史上最凶の記事

俺はもともと100%インデックス投資家だった。
VTだけを買い増す、健全な投資家だった。
投資ブログも、
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
といったものを見るだけだった。

ところがある日、悲劇が起きた。
たまたまVTのことで調べたいことがあったので、VT ETFとググったんだ。
そうしたら、検索上位に来たのがこれだ。
残念な投資家ほどVTというクソETFに投資する理由。

それまでVTに対するネガティブな意見など聞いたこともなかったから、こいつ馬鹿じゃねぇのと思いながらも、思わずクリックして読んでしまった。
読み終えて、やっぱり馬鹿だと思った。
ふん、こんな奴の意見なんか気にするかと、ページを閉じたんだ。

ところが、なぜか奴の記事が頭から離れない。
俺はもう一度奴のブログを訪れた。
すると、シーゲル赤本を紹介していたんだ。

スポンサーリンク

シーゲル赤本の存在は前から知っていた。
しかし、ウォール街のランダムウォーカーを読んでいれば十分だと思っていたので、手を付けていなかった。
このシーゲルとやらはVTとVTI、どっち派なのか気になったので、アマゾンで購入した。

そして他の大勢の投資家と同様、赤本を読んでドーパミンが爆発し、個別株投資という魔界に引きずり込まれてしまった。
その後紆余曲折あって、高配当株一辺倒ではなくなったのだがな。

バフェット太郎よ、お前があの記事を書かなければ、俺は個別株投資をしていなかっただろう。
そしてブロガー霧末も生まれていない。
どっちがよかったのかは分からないが、俺は今の方が楽しい。
そういう意味では感謝してるんだからねっ。

そして今、俺はお前に糞を投げ続けている。
お前が投げた糞が、見事に返ってきたというわけだ。
バフェット太郎、お前も気づいているだろう、アメリカ株ブログに必要なのは、実用とエンタメのバランスだって。
そのどっちが欠けてもいけない。
俺を見習え。

バフェット太郎よ、俺はお前と絡みたくて仕方ない。
なぜ無視するんだ、卑怯じゃないか。
人をこんな魔界に引きずり込んでおいて、知らないじゃ済まされんぞ。
バフェット太郎がッ、ぶちこんでくるまで、糞を投げつけるのをやめないッ!

クッソラック。

↓霧末信者は、3~8位になるように計算して押すのだ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク