マクドナルドは生活必需品セクター

俺はそんな気がするんだ。

マクドナルドは外食、レストランとして扱われているから、一般消費財セクターに属している。
でも値動きとしてはディフェンシブ、生活必需品セクターと捉えた方がしっくりくる。
リーマンショックの時にダウ銘柄で1番下げなかったのもマクドナルドだしな。

タバコを吸わない俺にとっては、タバコよりもマクドナルドの方がよっぽど生活に欠かせないぞ。
タバコ銘柄ホルダーとしてはどうかと思うが。

逆に、俺が保有しているユナイテッドヘルスなんかは、ヘルスケアセクターでありながら、単純なディフェンシブ株ではないような気がする。
それは日々の値動きを見ていると良く分かる。

スポンサーリンク

このように、本来属しているセクターとは異質の特徴をもった銘柄が存在する。
一般消費財セクターなのに不況に強かったり、ヘルスケアセクターなのに好況に強かったり。
こういうことも考えながらセクター分散投資をしなきゃいけないなって思う。
じゃないと、セクター分散投資をしたつもりでも、同じような値動きの銘柄ばかりになりかねない。

今日の俺、なんかむっちゃいいこと言っているな。
ためになるだろう。
こういう真面目な話もできるのだよ。

↓霧末信者は、3~8位になるように計算して押すのだ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク