人生をやり直すとしたら

俺は自分の人生にあまり後悔はない。
あの時こうしとけばよかったというのもあまりない。
意外と幸せな人生だと言える。

しかし、もし例えば朝、目が覚めると高校生くらいの年齢に戻っていたと仮定すると、今と同じ道は選ばないと思う。
この前提条件では、ロト6の当選番号や、どの株が儲かるかなどの未来の情報は分からないとする。

その場合、高校生の霧末が目指すのは、薬剤師だろう。
薬剤師は特権階級だ。

医者に比べて仕事の負担は軽いし、資格難易度も低い。
薬剤師からはブーイングを喰らうかも知れんが、事実だ。
薬剤師夫婦が多いのは、仕事負担が軽い証拠ではないか。
また、薬学部の入試や薬剤師の資格試験も簡単ではないだろうが、裏口や推薦ではなく実力で医学部に入学し、医師試験に合格するよりはマシだろう。

薬剤師になった後の人生を考えると、薬剤師になる努力は非常にコストパフォーマンスがいいと思う。
激務に追われる医者になるなど馬鹿馬鹿しく思えるほどに。
こんなこと言い始めると誰も医者にならなくなるから、それはそれでまずいのだが。

しかも、薬剤師は転職にも強い。
嫌だったら辞めて次のところに行けばいい。
引く手あまたで楽勝だ。
一流企業社員や公務員でも、普通は転職のつぶしなど効かない。
だから嫌になってもなかなか辞めづらい。
やはり薬剤師が最強だ。


弁護士などの士業も競争が激化している。
苦労してなったわりには報われんかもな。

他にこういう、給料そこそこいい、仕事の負担も重くない、頑張れば割となれるんじゃないくらいの難易度、という職業を俺は知らない。
まあ頑張ってもなれない場合もあるだろうが、少なくとも経済学部(俺のことだが)なんかに入るよりよっぽどいいだろうな。
なれんならなれんで化学系のまた違う道もありそうだしな。

というわけで、俺なら努力のコストパフォーマンスのいい、薬剤師を目指す。
そんでじっくり資産形成する。
何も焦らなくても、インデックス投資だけでも十分だな。
ホワイトな職業って強いなぁ。
収入よりも大事だ。
勝手に金持ちになるわ。

こんなこと言っておいて実は、俺は薬剤師投資家からの反論を待っていたりする。
実際そんな甘くないよ、こんなことがあるよ。
だから俺がもう一度人生やり直すならこんな職業がいいなっていうの、もしあったら、誰か投稿してくれ。
俺も見るかも知れない。
ただし、現役の薬剤師でないと意味はないよ。

↓霧末信者は、3~8位になるように計算して押すのだ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ