セミナー講師でも生まれそうな勢いだな

ここアメリカ株ブログ界では、初心者に優しい投資入門ブログがたくさん存在している。
ポップでキュートなデザインに親しみを持つことだろう。
記事の最後に限定30名のセミナーはこちらから、とかあっても不思議でない出来だ。
まあ実際にすでに仕事でセミナーを開いている者もいるようだが。

セミナー、いいんじゃないか。
そこでS&P500連動のインデックス投資の素晴らしさを説き、いつやるの、今でしょ、とドヤ顔でキメてみたら様になるんじゃないか。
ただその時に前で話すのはおっさんよりも、ポップでキュートなキャラの着ぐるみとか、バイトで雇った美少女とかの方がいいと思うが。

スポンサーリンク

俺もセミナーできないだろうか。
糞でもできる株式投資とか、正しいブログプロレスの方法とかで。

著書でもいいぞ。
バフェット太郎は実用的な本を出したが(これは本当にそう思っている)、俺も出せないだろうか。
ただ、恐らく投資手法の紹介は10ページくらいで終わって、後は延々と他のブロガーへのプロレスを繰り返すだけになるだろうな。
文字通り糞本だ。
アマゾンのレビューは阿鼻叫喚状態になりそうだ。

さて、どの教祖様が生き残るかな。
冗談抜きで、案外俺みたいな糞教祖が生き残ったりするもんだぞ。
お前たち、プロレスはいいぞ。
プロレス、やらないか。

スポンサーリンク