業界1位買えばいいじゃん

ネスレは食品飲料1位だし、アンハイザーはアルコール1位だ。
P&Gは日用品1位だし、J&Jはヘルスケア1位だ。
こんな具合に、セクターのバランスを考えながらも、選ぶのは業界1位の銘柄でいいんじゃないか。
業界1位の段階ですでにワイドモートを築いているだろう、普通。
んで、1位の座から転落して順位を落とし始めたら、他の銘柄へとスイッチすることを考えたらどうかね。

業界2位や3位、もしくはそれより下の銘柄を選ぶというのは、もっと儲かるかも知れないという強欲からかい。
それともその銘柄がお気に入りとか。
はたまた最近は減ってきた、判官びいきかい。

スポンサーリンク

確かに自分の選んだ銘柄が業界1位に登りつめる様を目撃できたら爽快だろうが、それは難易度が高そうだ。
1番強いものしか選ばないなんて、巨人大鵬卵焼きくらい子供くさくて面白みがないかも知れないが、投資の場合勝つことが最優先なので、これでいいのだ。

業界1位で、日本人がよく知っている銘柄を、セクターを意識して分散投資する。
この段階で、選択肢はかなり限られる。
でもそれは、選びやすい、迷いが少ないとも言える。

こういう真面目な記事もいいもんだな。
そればっかじゃ飽きるが。

へえ、GE兄貴が復活してくれたみたいだね。
これまでも消滅、復活を繰り返していたから、恐らく今回も大丈夫だとは思っていたんだが、とにかく元気そうではないかも知れないけどよかったよ。
多分GE兄貴は俺のことなど眼中にないだろうから、陰ながら応援させてもらうよ。

さて、ぶち子が動いたようだ。
明日、月曜日の朝。
ただでさえ憂鬱なこの時間に、お前たちは衝撃的な光景を目の当たりにするであろう。
次回に続く、だ。

霧末の発言は一部プロレスであり、そこには愛情しかない。

↓ブログ存続ボタン

スポンサーリンク