生活苦ではないが給料日が待ち遠しい

よく漫画なんかで、給料日前に生活がピンチになるようなギャグ描写がある。
現実でも、計画性のない人間はそういう事態に陥るのだろう。
そういう意味では俺は給料日を指折り数えたことはない。
しかし、俺は給料日が待ち遠しい。
なぜか。
ここはピンとこなければいけないところだな。

そう、投資資金ができるから給料日が待ち遠しいのだ。
次は何に投資してやろうか。
1日の半分はそんなことを考えながら過ごしている。

スポンサーリンク

ところが生活苦の人間同様、待ち焦がれていると給料日はなかなかこない。
忘れていた方が早くくる。
でも投資を忘れることなどない。
だから給料日はなかなかこない。
投資家のジレンマだな。

給料で投資している瞬間だけは、労働者の喜びを感じる。
配当だけでは投資機会も減るしな。

俺の場合、最低保有比率の銘柄を自動的に買い増すルールにしているから、次にどれに投資するかは大体見当がつく。
見当がつきながらも、おあずけをくらっている状態だ。
ああ、追加投資してえ。

さあ、コミュニケーションタイムだ。
貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログの全力米国株よ、お前の期待通り、プロレスのゴングは鳴ったようだ。
しかしお前は、俺のことをべた褒めしておきながら、最後に糞の塊と突き落としているな。
持ち上げといて落とす作戦か。
あと、お前は月50万円も投資しているブルジョワらしいな。
やっぱりお前は俺の敵だ。
めんどくさがってないで、さっさとアイコンを初期設定から変えやがれ、この糞野郎。

さて、またぶちこまれたようだ。
今から書くと今日の投稿が遅れるから、次回に続く、だな。
今日は金曜日だ。
明日まで時間はたっぷりあるぞ。

霧末の発言はすべてプロレスであり、そこには愛情しかない。

↓ブログ存続ボタン

スポンサーリンク