そもそもドルで振り込まれる配当を再投資以外に使う気になるか?

アメリカ株で配当が出る場合、その金はドルで振り込まれる。
差し迫った事情がないとすれば、この金を円に替えて使おうとする奴がどのくらいいるだろうか。
しかもSBI証券ではSBI銀行にドルを移した後に替えた方が手数料が安いので、なおさら面倒になる。
現に、俺は配当を円に替えたことなど一度もない。
円をドルに替えて証券会社の口座に入金することはしょっちゅうあるのにだ。

スポンサーリンク

この円に替える面倒くささは、むしろ日本人投資家にとって吉となるだろう。
その分配当再投資する確率が増えるからだ。
シーゲルが口を酸っぱくしていっている配当再投資は、確かにアメリカ人ならしっかり胸に刻んでおく必要がある。
なぜなら配当が即ドルという身近な金として振り込まれるからだ。
しかし、日本人投資家は、最初から配当再投資しやすい環境が整っているといえる。
必要以上にドルを円に替えて即使う奴は少数派だろう。

仮にアメリカ株だけで生きていくとしても、必要な額だけを手数料負けしないように売ればいい。
その時に売るのは含み益の多い銘柄だ。
そうやれば必要以上の無駄遣いを抑えられるだろう。

ドルで持っているというのは、アメリカ以外に住む者にとって、様々なメリットがありそうだ。

↓ブログ存続ボタン

スポンサーリンク