投資に成功して金持ちになって仕事を辞めると暇になる可能性は確かにあるが、かといって今の仕事を続けることがベストとは限らない

俺は今の仕事にやりがいなんざ感じていない。
100%金のために働いている。
仕方なくな。
辞めても問題ない資産を持つ者でない限り、いくら綺麗ごとを言おうが現実は金の為に働いているのだ。
まして経営者ではなく労働者ならなおさらだ。


だからな、俺は仕事を辞めても影響のない額の資産を築くことをひとまずの目標としている。
しかしここでよくいわれている問題点がある。
それは、仕事を辞めると暇になって、場合によっては結局また働き始めるというものだ。
まあこれは性格にもよるのだろうがな。

だがな、例え辞めて暇になってまた働くにしても、今の職場にこだわる必要なんかないわけだ。
金にこだわる必要がないのだから、本当の意味でやりたい仕事をゆっくり探せばいいじゃないか。
仕事を続けた方がいいのかな、は人によっては正解だろう。
しかし、それが今の仕事であるかどうかは別問題だ。

そもそもアメリカ株投資家なら、1番の仕事は投資だろう。
他の仕事はアルバイトみたいなものだ。
長期投資は退屈とかいいながらも、毎日考えは巡っていく。
だから退屈で他の仕事を始める必要もないかもな。

とりあえず、俺は金が欲しい。

↓ブログ存続ボタン