株で楽して儲けている、なんていっているから一生金持ちになれんのだろうな

長期投資の例を挙げれば、儲ける仕組みを作るにはそれなりに時間が掛かる。
毎月稼いだ金を、倹約して、優良銘柄に投資し続ける。
言葉にすると簡単だが、やってみると根気のいる作業であることが分かるぞ。
これで何十年か後に金持ちになったとしても、それは楽して稼いだとは言わないだろう。

また、短期投資をやる連中は、よりリスクの高いのを承知で勝負に出るわけだ。
そこで少数の勝利者が生まれるが、彼らも楽して稼いだわけではない。

スポンサーリンク

もともと家が金持ちだとか、婚約者が金持ちだとか、そんなものは問題外だが、自分で資産を築き上げてきた者は、それなりのことをしてきているわけだ。

ただその過程を見ていないから、結果だけ見て楽して儲けているように感じるんだろうな。
水面に浮かぶ鳥は足をバタバタさせて泳いでいるのにな。

確かに日本は格差が広がっているんだろうが、だからといって批判するだけでは何も生まれず変われない。
非正規社員でもアメリカ株投資をコツコツと続けて結構な資産になっている人もいるみたいだな。
つまり、日本に住んでいる以上、大抵の状況では金持ちになる手段が残されているのではないか。
そこですぐ言い訳をする人間は、一生金には縁がないだろう。
まあそれも人生だ、自らが選択したんだから。
金がすべてではないしな。
でも、世の中金じゃないという奴に限って、金に執着しているんだよな。

そもそも、状況に関わらず金持ちになる方法を知っていて、それを実行する人間は、楽して儲けているなんて愚痴を言わないよな。

↓ブログ存続ボタン

スポンサーリンク