シーゲル流ならともかく、バフェット流を名乗ったところでそれは大抵劣化コピーのエセバフェットに過ぎんぞ

アメリカ株ブロガーには、シーゲル流を名乗る者も多い。
これは構わないと思う。
シーゲルは投資家ではあるが、その前に教授だ。
データで方法の優位性を示したのだから、それを参考にするのはシーゲル流と言えなくはないだろう。
しかし、バフェット流というのはどうなのだ。

バフェットって、あのウォーレン・バフェットだよ?
バフェット太郎(敬称略)じゃないよ?
世界一の投資家だよ?

そんなレジェンドと同じ流儀を名乗るとは、なかなかいい度胸じゃねえか。
バフェットの投資手法を参考にした、ならまだ分かるが、バフェット流だよ?
いわば免許皆伝だよ?
バフェットは著書すら出していないのに。

スポンサーリンク

俺からすればバフェット流(笑)だな。
サッカーに例えると、メッシ流ドリブルと言っているのと変わらない印象だ。
キャプ翼の森崎がゴールマウスを守るくらいの危うさを感じる。

そこで俺がもう少し控え目な名乗り方を提案してやろう。
インスパイアバフェットの○○。
これならちょっとかっこいいし影響を受けたという控え目な印象が残る。
森崎ではなく若島津がゴールマウスを守るくらいの安定感を感じる。

ちなみに、俺はバフェット太郎のファンだし、彼は名前はバフェットを名乗っているがそれは大人の事情で、実際はシーゲル流なので問題ない。
そしてちょくちょくこのブログを通じて彼にラブコールを送っているのだが、今のところスルーされているので少し寂しい。

グッドラック。

↓ブログ存続ボタン

スポンサーリンク