8銘柄か10銘柄か

これは俺の個別株の保有数の話だ。
均等分散投資する銘柄の数を、8銘柄か10銘柄のどちらにするかということだ。
それ以上増やすつもりはない。
現在は8銘柄だ。
しかしポートフォリオの半分はETFなので、個別株の数が8銘柄ということだ。

スポンサーリンク

今後、個別株に追加投資していって、個別株の保有割合を増やそうと考えている。
その結果ETFが3割程度になったとしても、個別株は8銘柄で十分だろう。
極端な例、ETFをすべて売ってしまうなら、個別株のみで8銘柄となるわけだが、それでも8銘柄と10銘柄の違いは、1銘柄当たり2.5%しか変わらない。
分散投資を意識するあまり自信のない銘柄に投資する方が、よほどリスクがあるだろう。
少なくともETFが半分を占める現段階では、8銘柄で十分と考える。
一応残り2銘柄を買うとすれば何がいいかは、頭の片隅で考えておくことにしよう。


↑良質な記事を読みたければ、1日1回押して俺のやる気を引き出すのだ。押す奴が少なければ俺はやる気を失くし、更新は止まる。

スポンサーリンク