投資手法より大事なもの

ゾーンという投資本を読んだ。
この本はテクニカル派、短期投資向けの内容なのだが、長期投資家としても参考になることがあった。
本書の内容は抽象的で難解だ。
だが、その中で俺が受け取ったメッセージは、以下のことだ。
投資手法よりも大事なのは、メンタルであるということ。


優位性がある投資手法を実行し続けられないのは、メンタルが原因だ。
長期的には優位性が確認されているのに、ここ最近では思うような結果が出ていない。
不安になって売った途端に、株価が上昇を始める。
よくあることだ。
優位性があるトレードを、ただ機械的に積み重ねていく。
簡単そうに見えるが、これが難しい。
また、自分の投資手法が誤っている場合も考えられるが、その時は過ちを認めて手じまう必要がある。
そのタイミングは速すぎず、遅すぎず、一定の基準で判断しなければいけない。
タイミングが速すぎれば本当に間違っていたかは判断できないし、遅ければ損失が膨らむ。
優位性をもつ投資手法を、ルールに従って淡々と行う。
ただこれだけなのだが、それに耐えうるメンタルトレーニングは欠かせないと感じたのであった。


↑良質な記事を読みたければ、1日1回押して俺のやる気を引き出すのだ。押す奴が少なければ俺はやる気を失くし、更新は止まる。