株式投資で大成功したじいさんやおっさんがあんなにかっこいいのはなぜだろう

今、伝説の7大投資家という本を読んでいる。
7大というのは、ジェシー・リバモア、ジョージ・ソロス、ジム・ロジャーズ、フィリップ・フィッシャー、ピーター・リンチ、ウォーレン・バフェット、ベンジャミン・グレアムの7人を指す。
この7人はすでに亡くなった人もいれば存命中の人もいる。
最後は大失敗をして終わった人もいる。
投資手法も短中期の投機的なものから長期投資まで、様々だ。


この本は7人の半生、投資手法を簡単に紹介してくれるのだが、それが実に分かりやすい。
投資手法に関係なく、その生き様に胸が熱くなる。
彼らが天才であることに疑いの余地はないが、生涯をかけて株式市場に真摯に向き合ってきたことがよく分かる。
長期投資スタイルの俺にとっては参考になるもの、ならないものがあるが、それを抜きにしても彼らの生き様に触れることに意義がある。
もう単純にさ、人生かけて結果残してきた人ってかっこいいのな。
同じじいさんやおっさんでも、周りにいる大半の奴とは大違いだ。

今の俺のアイドルは、ウォーレン・バフェットやフィリップ・フィッシャーだ。


↑良質な記事を読みたければ、1日1回押して俺のやる気を引き出すのだ。押す奴が少なければ俺はやる気を失くし、更新は止まる。