理想の寄付先

俺が仮に死んだ場合、遺産をどうするか考えることがある。
今の時点では大した額ではないが、死ぬ頃には結構な額になっている可能性も高いからだ。
まあ俺は科学技術の進歩で、死なないんじゃないかなと本気で思っている方なんだが。
今回は死ぬと仮定しての話だ。


まず誰かに相続するという方法。
俺は生涯独身でいたいので、身内に与える気はない。
ならば誰か優秀で気に入った人材に相続させるか。
しかし俺のいう優秀な人材とは、自分の力で資産が築ける奴だ。
それならばそもそも俺の手助けはいらない。
むしろ変な手助けはその人間の力を弱めてしまう。
よって×。

それならどこかの団体に寄付かな。
投資手法と同じように10団体くらいに分散しようかな。
寄付する団体の理想は、資産運用をインデックス投資などでして、総資産の数%を活動に充てるというものだ。
そうすれば元本は減らないか増え続け、ずっと活動ができる。
使い切りはよくない、運用すればずっと続けられる。

あとは俺を埋葬する寺に寄付して、丁重な管理を頼むくらいか。
寄付先を決める方が、投資先を決めるよりも面倒くさそうだな。


↑良質な記事を読みたければ、1日1回押して俺のやる気を引き出すのだ。押す奴が少なければ俺はやる気を失くし、更新は止まる。