セクター時価総額1位だけを保有するポートフォリオ

こんな単純なポートフォリオでも、長期リターン(20年)で、市場平均に勝っている。
何で調べたかは教えてやらない。
気になる奴は自分で探して調べろ。

そのポートフォリオの構成銘柄は、以下の通りだ。
プロクター・アンド・ギャンブル(PG)
ネクステラ・エナジー(NEE)
ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)
AT&T(T)
バークシャー・ハザウェイ(BRK.B)
アップル(AAPL)
アマゾン(AMZN)
ボーイング(BA)
エクソン・モービル(XOM)

なお、素材セクターのダウ・ドュポン(DWDP)は上場してから間がないので除外した。

スポンサーリンク

実際20年前にはセクター時価総額1位のラインナップは違っていただろう。
なら、1位が入れ替わって安定してきたら、そのセクターの銘柄を1位のものと買い替えたらいいのではないか。

1位はいいことだ。
ただ単純に1位のみを買うだけで儲かってしまう。
何かもうこれでいいんじゃねってくらいいい戦略だな。
ただ俺はそのままは採用していないがね。


↑良質な記事を読みたければ、1日1回押して俺のやる気を引き出すのだ。押す奴が少なければ俺はやる気を失くし、更新は止まる。

スポンサーリンク