アンハイザー・ブッシュ・インベブ(BUD)とネスレ(NSRGY)

この2銘柄は俺の中で、生活必需品セクターにおける二大購入保留銘柄だ。
なぜ保留か。

アンハイザー・ブッシュ・インベブは世界最大のアルコール銘柄であるが、上場されてから10年経たない。
合併してできた会社だからな。
上場以来のリターンは、現在は市場平均を下回っている。
2017年から調子を落としている。
まあ一時的なもので、また長期リターンで市場平均を上回ってくるとは思うのだが、それを確認してから購入してもいいと思う。

スポンサーリンク

ネスレはネット証券で取り扱いがない。
ネット証券以外で買うと手数料が割高になるし、管理が面倒だ。
それ以外は申し分ない。
コカ・コーラ(KO)やペプシコ(PEP)よりもいい。
ネット証券以外で割高な手数料を払ってでも買う価値はあるとは思う。
でも、俺はネット証券で取り扱いが始まるのを待って買うか決めようと思う。

2銘柄とも、今後の動向に注目だ。


↑良質な記事を読みたければ、1日1回押して俺のやる気を引き出すのだ。押す奴が少なければ俺はやる気を失くし、更新は止まる。

スポンサーリンク