おはよう、ドクター霧末だ。
本当は、こんにちはなんだ、俺にとっては。
というのも、この記事は投稿する前日、日曜日の昼間に書いている。
本当は朝起きたフレッシュでリアルタイムな気持ちで書きたいのだが、今回の月曜日の朝はちと忙しい。
だから書いていられない。
でも書きたい。
だから前日に書くことにした。
まあこの辺は臨機応変に。
できたら新鮮な方がいいが。
1 (2)

さて、今回書きたい内容はというと、有名米国株ブロガー、バフェット太郎のポートフォリオ、バフェット太郎10種についての分析である。
近頃の暴落により、世間からは再評価されつつある。
これから話す内容はあくまで個人的な感想であり、俺がこう思うからバフェット太郎はこうすべきだとか、こんなポートフォリオは糞だとか、そんなことを言うつもりはさらさらない。
ただ、俺が感じたことを、素直に言ってみたいと思う。
そんな気分なのだ。

まずバフェット太郎は、景気循環が回復期→好況期→後退期→不況期→回復期、と回っていくと考えており、その点は俺も同感である。

そして、バフェット太郎の持ち株を強い景気局面とそのセクター別に分けると、
回復期:IBM(ハイテク)
好況期:MCD(一般消費財)
後退期:XOM(エネルギー)
不況期:MO、PM、KO、PG、WMT(生活必需品)、JNJ(ヘルスケア)、VZ(通信(コミュニケーション・サービス))
となる。
コミュニケーション・サービスセクターは最近できたばっかりで、GOOGLやFBとVZやTがごちゃ混ぜになっていてセクター的にどの辺りを指すのか表しにくいので、今回はVZがそれまでに属していた、通信という不況期に強いディフェンシブなセクターで表すことにする。

これを見た俺の感想は、不況期に固めすぎではないかというものだ。
あくまで感想であり、俺の好みね。
しかも、XOMもどちらかと言えばディフェンシブ、MCDも一般消費財セクターに属するものの俺の印象はディフェンシブである。
IBM、これはどちらかといえば景気敏感株かと思う。
ただし少し特殊で、高配当だが落ちる時はハイテクらしく普通に落ちるイメージ。
しかもあんまり上がらない。
上がらない景気敏感株(白目)
まあ今回はIBMイジりはほどほどにしておこう。

というわけで、バフェット太郎のポートフォリオは、10種の内9種がディフェンシブ株、1種(IBM)が景気敏感株ということになる。

これを見ると、ディフェンシブ過ぎるのではないかと思う。
そして、生活必需品セクターに5種類もあって、しかもタバコ株が2種類ある。
ほぼディフェンシブ株、生活必需品セクターに5種類、タバコ株が2種類。
これは分散投資の効果があるのだろうか。
暴落には強いだろうが、そういう面で疑問が残る。

次にバフェット太郎の売買ルール。
大体毎月50~60万円(すげえ額だな)くらいを決まった日に、10種の持ち株比率が均等に近づくように、最低持ち株比率の銘柄に投資する。
これはかなり個人的に好きなやり方だ。
俺もこれは参考にしていて、近いやり方を取っている。
額は全く違うがね(;´Д`)

これの良い点は、どのタイミングでもポートフォリオ内で相対的に割安な銘柄を買えること。
ただし、それは分散が効いている時に限る。
そういう意味では、今のバフェット太郎10種では、この売買ルールのメリットを減らしている可能性がある。
なぜなら上がる時も下がる時も、どの株も似たような動きをする可能性があるからだ。

あと、バフェット太郎は連続増配銘柄を好むが、これは個人的には正直どうでもいい。
増配が止まるリスクは常にあるし、俺は配当にそれほどこだわりはない。
ただディフェンシブ株を選ぶと高配当株になりやすいだけで。

感想としてはこんな感じであり、次に、俺ならどうするかを書いていきたい。
バフェット太郎にとっては余計なお世話だよな(笑)
楽しいから続けさせてくれや。

俺ならこうする、バフェット霧末10種、それは以下の通りだ。
回復期:AAPL(ハイテク)
好況期:HD、MCD(一般消費財)
後退期:XOM(エネルギー)
不況期:MO、KO、PG、WMT(生活必需品)、JNJ(ヘルスケア)、VZ(通信)

AAPLとHDを入れて♂、IBMとPMを外した。
なぜAAPLとHDかというと、バフェット太郎の著書でお気に入り♥銘柄になっていたからその中から俺の好みで選んだ。
IBMは残念な印象があるから外し、タバコは2ついらんと思って好みのMOを残しPMを外した。
そんなに大きくは変えていない。
バフェット太郎色を残しつつ霧末色を少し加えた形である。
AAPLとHDという景気敏感♂株が加わり、分散効果が改善したと思う。

実際にPORTFOLIO VISUALIZERで検証してみよう。
青がバフェット太郎10種、赤がバフェット霧末10種、黄がS&P500である。
2008年4月に10,000ドルをぶちこみ、2020年2月までの様子を見る。
なぜ2008年4月かというと、PMの最大幅だからである。
PMは上場してからまだ若い。
月1回均等リバランスする。
結果は以下の通りだ。

1

1
1

年平均リターン(CAGR)は
バフェット太郎10種 8.93%
バフェット霧末10種 12.49%
S&P500  9.15%
で、バフェット太郎10種とS&P500が一緒くらい、バフェット霧末10種がまあそれよりちょっとええかなくらいである。
AAPLやHDがこの時期調子良かったから当たり前っちゃ当たり前の話なんやけどね。

最大ドローダウンは
バフェット太郎10種 -22.55%
バフェット霧末10種 -24.06%
S&P500 -46.40%
で、バフェット太郎10種、バフェット霧末10種ともに下げに強いことが分かる。
バフェット霧末10種は景気敏感株増やした割に下げに強いな。

シャープレシオは
バフェット太郎10種 0.76
バフェット霧末10種 1.04
S&P500 0.62
で、太郎霧末ともにええな、特に霧末(照)

ちょっとこの期間では短く感じるな。
ということで、バフェット太郎10種のPMをBTIに変えて検証してみるお。
なんでBTIかというと、同じタバコで販売対象地域も似てて、パフォーマンスも見てみたら似てたから。
まあ大体合ってりゃOK。
1985年5月からぶちこむお。
結果が以下の通りよん。

1
1
1

年平均リターンは
バフェット太郎10種 14.49%
バフェット霧末10種 17.42%
S&P500 10.73%
で、太郎霧末ともにええのう。

最大ドローダウンは
バフェット太郎10種 -26.89%
バフェット霧末10種 -28.12%
S&P500 -50.97%
で、太郎霧末ともに下げに強いのう。

シャープレシオは
バフェット太郎10種 0.84
バフェット霧末10種 0.98
S&P500 0.55
で、太郎霧末ともにええな。

実際は1985年からやとバフェット太郎10種やバフェット霧末10種の中には今は高配当株化しとるけど当時はグロース株やったやつも結構含まれとるはずや。
だからリターンは今からそれらで高配当株投資するよりも高くなってると思う。
あと、特にAAPLはこの期間調子良かったからね。
勝ち組を後で選べばそりゃ高パフォーマンスになるわな。
でも、S&P500上回っとることに越したことないやろ。

まあそんな具合で今回のまとめとしては、バフェット太郎10種はもうちょっと景気敏感株を入れて分散投資すれば、守備力はあんまり落とさずにリターン上げられるかもよ、って話。
所詮絵に描いた能面やから、景気敏感株の下げ局面をきつく感じて人によって合う合わんはあると思うけどな。

それで、バフェット太郎にバフェット霧末10種に変えろ、なんてことは言わん。
当たり前やがな、何買おうが人の勝手やん。
そう俺は自分のポートフォリオは明かさずに、ただ勝手に他人のポートフォリオ触って遊んでみただけ。

ただそれだけのことよ。

もし気分を害したら、バフェット太郎本人の苦情だけ受け付けます(白目)
もしバフェット太郎がバフェット霧末10種を気に入って採用するならば、ひと月あたり含み益の1%を手数料として私にくれたらOKです\(^o^)/

つーかこれ本人見るんか(;´Д`)


おはよう、ドクター霧末だ。
今日は自分なりに銘柄分析をやってみようと思う。
霧末流なんで一般的なものとは結構異なるものになるかもな(ニヤリ)

今回のターゲット、いや、銘柄はみんな大好きMSFTだ。
じゃあ始めるお。

検証にはPORTFOLIO VISUALIZERを使う。

1986年4月に10,000ドルをMSFTにぶちこんで、2020年2月まで配当再投資した結果が以下の通りである。
青がMSFT、赤がS&P500だ。

1

1
1
うん、まあ優秀だね。
年平均リターン(CAGR)は+26.15%で、+10.00%のS&P500を圧倒。
シャープレシオも0.76で、0.51のS&P500よりいい。
ただ、最大ドローダウンは-66.77%で、S&P500の-50.97%より悪い。
つまり、落ちる時はS&P500より落ちるってことだ。
ここまで見ると、まあ落ちる時は落ちるけどMSFT、SUGEEE!ってなるよな。
でもその判断はまだ早い。
この期間は、IPOを含んでいる。
だからリターンがえげつなくなる。

ということで、今度は最悪の場合を見ていこう。
最大ドローダウン開始が2000年1月になっているから、ここから投資を始めてみよう。
多分ドットコムバブル崩壊直前なんかな。

1
1
1
どう、全然景色が変わったろ。
一応S&P500を上回っているけど、それもつい最近やん。
つまりみんなが口をそろえてMSFTと言い出した頃。
それまではかなり長い冬の時代があったわけよ。
リーマンショックよりドットコムバブルで酷くやられてるな。
年平均リターンは+7.52%で、S&P500の+5.44%より優秀。
でも寂しい感じがするな。
だって最大ドローダウンは-66.77%で、S&P500の-50.97%より悪いし。
年間+2%のリターンを貰うために-16%増の下げを受ける、か。
シャープレシオは0.34で、S&P500の0.32とそんなに変わらんお。
こういうの見るとちょっと投資をためらうやろ。

続いては、バンガードハイテクセクターインデックスファンド、VITAXと比べてみるど。
なんでETFじゃないかって言うと、検証期間がETFは短いからや。
青がMSFT、赤がVITAX、黄がS&P500な。
期間はVITAXの最大幅の2004年3月から始めるお。

1
1
1
うん、VITAX超えとるしまあまあええやん。ただ、そんなに爆発力は感じんな。年平均リターンは+15.04%で、VITAXの+11.55%、S&P500の+8.18%を超えとる。
こうやって見るとハイテクセクターのインデックスってリターンしょぼいやろ。
だから好かんのや。
他のセクターでも一緒や。
安心と引き換えに、その他大勢が足を引っ張る。
日本社会みたいやな。
だから日本でETFが人気なんかな。
世界のことは知らんけど。
まあええわい、それで最大ドローダウンは-54.86%で、VITAXの-50.65%、S&P500の-50.97%よりは悪いけど、あんまり変わらんな。
シャープレシオは0.68で、VITAXの0.63、S&P500の0.55よりいい。
ええやん。

次にPER見ておく。
MORNINGSTAR USから。
http://financials.morningstar.com/valuation/price-ratio.html?t=MSFT®ion=usa&culture=en-US

これの棒グラフ見ると、ここ10年で今は割安な感じはせんな。
S&P500と比べても安い感じはせん。

Yahoo! finance usから。
https://finance.yahoo.com/quote/MSFT/key-statistics?p=MSFT&.tsrc=fin-srch

これ見ても、予想PER(Forward P/E)は割安には思えんなあ。

ということでまとめ。
MSFTはこれまで、長期的に見てもいいリターンをもたらしてきた。
でも、それまでに長い冬の時代もあった。
その時代の初めに掴むとあんまり報われなかった。
ボラティリティはS&P500より高め。
でもほどほどの高さ。
今後、ボラティリティはさらに穏やかになり、その代わりリターンも控え目になり、高配当株化する、って流れが、ゆっくり起こる気ガス。
そして、未来のIBMになる気がとってもするんだなあ、ぼかあ(白目)
ただ、そうなるのはまだ先のことかな、とも思う。

そんな感じで、個人的にはあんまり魅力を感じない株である。
現在iシェアーズ・グローバル・テクノロジーETF(IXN)組み入れ上位銘柄1位、つまりでっかーい♥株であるからそういう安心感はあると思うけど。
でもたまに1位から急激に転がり落ちる奴いるよね(;´Д`)
ハイテクにしてはボラティリティーが控え目だけど所詮ハイテク落ちる時は落ちるさみたいな中途半端な安定感。
そんな中途半端な安定感と引き換えに失われるリターンの破壊力。
うーん。
冬の時代があんなに長くなかったら考えも違ったかも知れない。
あくまで過去の話で、未来は分からんがね。
でも、1度あったことは2度あって、2度あったことは3度あるんじゃないかしら。

とまあそんな感想。
こんなこと言いながら持ってたりして買う予定だったりして。

知らんがな。


おはよう、ドクター霧末だ。
今日は土曜日。
そして週一回好きなものを食べられるチートデイである。
今の時点でうきうきでしかない。

私生活においては特に動きはナッシング。
米国株と対照的だ。
ただやはり思うのが、コロナ問題の、報道と現実のギャップ。
かなり大きく感じる。
つまり、コロナ、意外と大丈夫じゃね?と思っている。
多分あっている。
多分。

じゃあ今朝の米国株市場を見ていこう。
最近は特に、朝の株価チェックが良い目覚まし代わりになる。
1発でシャキン(`・ω・´)とくる。
それで、今日も見てみたら、は?ってなった。

やる夫吹く
大暴騰である。
大暴投?
大暴落の時はほう、と思って目が覚めたが、大暴騰、つまり今日は、は?となり、また眠くなったわ。
この違いは何だろう。
S&P500は現時点で前日比 +9.29%の大暴騰。
市場の気まぐれ感がパねえ。

もう1回ガクンとくることも十分考えられる。
俺のやることはただ一つ、浮かれて飛ぶ豚にはならず、引き続き市場と同化するだけである。

マイポートフォリオはVOOに負けたわ。
ついていけなかったわ。
それでもかなり上げたんだけどね。
まあいいわい。
上げ相場で上回るより下げ相場で下回らない方が、自分にとってはるかに重要なことが今回さらにはっきりしたから。
まずは固い守りで精神を安定させ、その上で攻めていく。
それが俺の性にあっている。
離され過ぎるのも嫌なんだけどね。
上げ相場になるとまたブーメランイキりや初心者向け格言ツイートなんかが溢れてくると思うけど、今の俺の環境ではノイズはほぼ遮断されるようになっているから、そういう意味では例え上げ相場であっても快適である。
ただ、上げ相場は退屈なんだけどね(;´Д`)
上げ相場は儲かるけど退屈、下げ相場は損するけど楽しい。
まあそんなこと言ってるとまた暴落して天国を味わえるかもね。
地獄じゃないよ、あれは間違いなく天国だった。
少なくとも俺にとっては。
普段見えないものが見えてくる。
完全なる静寂が訪れる。
あの感覚、病みつきになる。
だから株は止められない。

ZBJを見ていこう。
バロンズ予想に過ぎないが、もしBAなら、やばすぎるな、バフェット。
倒産の話さえ出てきているBAを。
やはり別のものが見えているんだろうか。
リーマンで倒産したGMも再上場後に買ってるよね。
俺はこういうのとても手ぇ出せんわ。
Vをもし買っていたらそれも興味深い。
だってじっちゃまはVよりMA推しだったもん\(^o^)/

やる夫キリッ
わしはV派(キリッ)

ほら、感性が落ちてきている。
これは明らかに暴騰が原因だ。
儲けと引き換えに感性を失う。
いや、まてよ、そこまで悲観しなくていいかな。
爆損後の爆益。
ここにもある種の快楽はあるかも知れない。
くれぐれも空飛ぶ豚にはならないように注意しないといけないが。

さあ、市場よ、次はどんな顔を、俺に見せてくれるんだい。

火曜日の朝が、待ち切れない。







↑このページのトップヘ